お月さま大好き

何故か 月が無性に好きである

 

殊に夕方西の空に見える「蛾眉の月」に心惹かれる

 

調べたら 細い月は 古来信仰の対象であったそうな

 

先祖の血が騒ぐのかもしれない

 

先日東京からの新幹線の窓に大阪までついてきた月が居た

 

愛い奴

 

三十八年間通った自分の店の帰りは裏口からだったが

 

1メートル余りしかない通路の細い空にいつも月が居るのが

 

不思議でうれしかった

 

大阪 北の老松町から淀屋橋まで大川、堂島川のうえにある月も

 

私を幸せな気分にしてくれた

 

子供の頃 月が出ると「のんのさんアーン」と拝むように教えられた

 

のどかな昔の話

桜に月もよく似合う

 

赤い富士の月は映えてる

 

ピエロがきどっている背景にも月が

 

長年の彼氏は絵描きだがその画面には月がひそかに描かれている

 

何一つ甘い言葉も行ったことがない変人だが

 

私が月をお気に入りだと知っているだけが唯一の取柄である

 

今年のバースディーを初めて祝ってくれて仰天した

 

この冬は早くから大雪となっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です